児童相談における情報管理ケースワーキングを強力サポート

ホーム

概要

児童相談トップイメージ

核家族化が当然と言われる今日、児童を見守る人も限られ、児童虐待の件数は年々増加傾向にあります。

平成16年10月に児童虐待の定義の見直しや児童虐待を受けたと思われる児童を通告義務の対象とする等の児童虐待防止法が改正されたことも件数増加の理由の1つと言われています。

このような事から児童相談所業務における各種通知書作成や統計出力等の事務的作業を合理化し、本来のケースワーク業務に専念できる環境、情報共有により児童を見守る人を増やす環境の導入をソフテムは提案します。

 

児童相談システム(JisoNetwork)の導入により、業務を変えてみませんか。


  • ・児童相談所、こども家庭支援センター等におけるケースファイルの管理を行うことが可能です。
  • ・紙で管理していたケースファイルの電子化を進めることが可能になり、ペーパーレスを推進します。
  • ・各種統計、各種台帳、各種通知書の出力が可能であり、印刷前に編集することも可能です。
  • ・操作性は統一された解りやすいユーザインタフェースです。
  • ・1児童に対して同時に複数の相談を受け付け、管理することが可能です。
  • ・児童、里親に関する情報は1画面(画面遷移無し)で全容を確認することができます。
  • ・福祉行政報告例 第43,44,45,46,47,48,49,50,56,57表を完全出力します。
  • ・強力な検索機能やエクスポート機能を実装しており、急な調査依頼の際に瞬時に対象ケース等の抽出が可能です。
  •  
  • ※Web方式のシステムであるため、各クライアントに特別なソフトウェアのインストールは不要です。

児童相談システム - メニュー画面

機能一覧

児童記録管理 相談情報管理 措置情報管理 受診券管理 負担金管理
経過記録管理 一時保護所管理 進行管理 詳細検索 援助方針会議情報管理
CA情報管理 里親情報管理 施設情報管理 職員情報管理 各種帳票出力
統計・台帳出力


HOME

JisoNetworkとは

児童相談業務支援ソフトのことで、導入することにより統計業務をはじめとする事務の効率化と正確性が図られ、ケースワーク業務に多くの時間を投入することが可能となります。

更生相談システム

更生相談業務支援システムもあります。

商標について

Microsoft ®Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。